角館

武家屋敷の並ぶ通り

武家屋敷の並ぶ通り

紅葉

紅葉

事務所旅行3日目は秋田県の角館。武家屋敷が多く残り、みちのくの小京都と呼ばれる街です。ガイドさんによると武家屋敷の区画は400年間ほとんど変わっていないそうで、屋敷の敷地内に植えた樹木がじゅれ300年の大木になっていたりするのだとか。確かに通りを歩くと、木々の多さが印象的です。紅葉も進んでいました。

秋田内陸縦貫鉄道

車窓からの眺め

車窓からの眺め

弘前から角館までの移動の途中、秋田内陸縦貫鉄道を利用しました。単線で車両は1両だけなのですが、マイクで沿線の紹介をしながら車内販売まで行う客室乗務員までついて、観光に特化した鉄道のようでした。途中の絶景ポイントでは、列車を止めてくれるサービスも。紅葉や、田舎の風景など、車窓からの眺めを楽しめました。

りんごのまち弘前

りんごのまち弘前

りんごのまち弘前

昼ご飯の後、時間があったので、今度はタルト・タタン(これまたりんごのお菓子)を食べに行きました。弘前では、たくさんのりんごを食べました。ごちそうさま。

津軽そば

津軽そば

津軽そば

お昼は津軽そば。映画「津軽百年食堂」の舞台となった三忠食堂で食べました。そばは、1日目に打って、2日目に茹で、3日目に食べます。そばとは思えない柔らかさです。つゆは、焼き干しをだしに使っていて、あっさり味です。美味しくスルッと食べられました。

アップルパイ2

タムラファームのアップルパイ

タムラファームのアップルパイ

庭

弘前2日目。今日も午前中からアップルパイ。藤田記念公園内にある大正時代の洋館のテラス席で庭園を見ながら、優雅にいただきました。

アップルパイ

アップルパイ

アップルパイ

夕方、弘前に移動。弘前はリンゴの街だそうで、駅には直径1.5メートルぐらいはありそうなリンゴのモニュメントがあり、美味しいアップルパイやアップルタタンが食べられる店のガイドマップがあるなど、力が入ってます。早速、マップを頼りにアップルパイを食べに行きました。私が行った店のアップルパイは、パイ生地の上に、焼いたリンゴがドンと乗っているもの。リンゴの美味しさが丸ごと味わえる、大胆な逸品でした。

 

バラ焼き

十和田バラ焼き定食

十和田バラ焼き定食

お昼は地元の方のソウルフードであるバラ焼き。牛バラ肉と玉ねぎを甘めのタレで炒めたもの。味は・・普通に美味しかったです。