@岡山その2

岡山後楽園から城を望む

岡山市は、これまで新幹線で通過したことは何度もありましたが、駅を降りたのは初めて。とても都会でびっくりしました。マップを片手に市内を歩きましたが、碁盤の目のようにきれいに縦横の通りが交差しているので、歩きやすい。市内観光のメインは後楽園とお城らしいのですが、城の方はあいにく修復中で近寄ることすらできず。後楽園からお城がきれいに見える写真が撮りたかったなぁ。

@岡山

岡山のフルーツタルト

日弁連の人権擁護大会とシンポに出席するため、昨日から1泊2日で、岡山に来ています。久々の遠出です。新幹線に1年半ぶりに乗ったので、以前はチケットレス(ICカード利用)で乗っていたのに、やり方を忘れてしまっていました(笑)。

岡山と言えば、きびだんごにフルーツですね。今回は写真のフルーツタルトを、あるお店のオープンテラスでゆっくり堪能しました。9種類のフルーツがタルトの上に所狭しと並べ積んであって、なんとも贅沢な一品です。フルーツはどれも新鮮で、とても美味しかった!遠く岡山の地まで来た甲斐があったというものです。

カーリング観戦

週末は、テレビでのカーリング観戦に明け、カーリング観戦に暮れました。カーリング女子の日本代表決定戦。5試合のうち先に3勝したチームが代表となります。第3戦を除いていずれも大接戦。先に北海道銀行が2勝した後、崖っぷちからロコ・ソラーレが2連勝と盛り返し。最終の第5戦も接戦で、最終エンドの最終の一投で勝敗が決まるという展開。テレビで見ているだけの私ですら、最終の一投は緊張でハラハラしたので、選手はものすごいプレッシャーだったと思います。この一投を決めたロコ・ソラーレが代表に決定。マンガやドラマのような展開で、本当に面白かった!

MYまくら2

オーダーメイドまくらを使い始めて2週間。気になる使い心地ですが、なんと翌日から、劇的に睡眠中の首こりがなくなりました!さすが体型を測って枕を作っただけのことはあります。そしてお金をかけただけのことも。今まで首に負担がかかってたんだなぁ。残念なことは、肩こりはなくならないこと。肩こりは枕には関係なかったか。

MYまくら

MYまくら
MYまくら

今年の私のお盆は、コロナのワクチン接種の副反応である、発熱と頭痛のうちに終わりました。ただ、頭痛は、副反応ではなく、いつものヤツだったかも。

私は長年、首こり、肩こり、そして頭痛に悩まされてまして。時には、夜寝て朝起きると頭痛になっていることもあります。まくらが合っていないのかもと思い、この度、大奮発して、MYまくらを購入しました! お店で体型などを計測してもらい、まくらの高さ、幅、硬さなど、私に合わせて調整し、作ってもらいました。これなら頭痛に悩まされずに、朝、スッキリ目覚められるはず⁉︎ 明日の朝が楽しみです。

ピーマン

ピーマン
ピーマン

我が家の家庭菜園での夏野菜の収穫も、そろそろ終わりに近づいてきました。今回はは、ピーマンとミニトマトの収穫です。ピーマンは、市販のものより形が歪なのはご愛嬌で、味は問題なく美味しかったです。ピーマンはワラワラとたくさんなってくれたのですが、ミニトマトの数は思ったほどではなかったかも。肥料が足りなかったのかしら。

スイカとオリンピック

スイカ1
スイカ1
スイカ2
スイカ2

オリンピック開幕に合わせた四連休。私は、コロナのワクチン接種に始まり、次はスイカの収穫。スイカは、1個目が鳥(カラス?)に食われ、2個目は途中でなぜか割れて腐ってしまって、いずれも食べられず。ようやく3個目にして、食べることができました。甘くて、水分もたっぷりで、おいし〜い。4個目の重さを計ったら3.3キロ、5個目は3.5キロと、小玉スイカとは言えずっしり重く、ボリュームも十分。そこから残りの連休は、オリンピック中継を見ながら、スイカの食べ放題!!!こんなに美味しくスイカができるなら来年はもっと多く苗を植えよう!と、早速、来年のことを思い浮かべたのでした。

トマト

トマト
トマト

梅雨が明けて、いきなり暑いですね。我が家の家庭菜園では、ミニトマトがようやく赤く色づきました。実ができてからずっと青い状態が続いたので心配していましたが、杞憂だったようです。食べてみたところ、思った以上に甘くて美味しい。これからしばらく我が家の食卓をにぎやかにしてくれそうです。

すいか

すいか
すいか

雑草の中でスイカの実がなっても気づかないかもと思い、すいか周りの雑草をとっていたら・・もうなってました(笑)。つい先日までは花だったのに。スイカってこんなふうになるんですね。はやく大きくなあれ。

玉ねぎ

玉ねぎ
玉ねぎ
玉ねぎ2
玉ねぎ2

玉ねぎを収穫しました!昨年11月に苗を植えてから7か月。その間、ほとんど何もしていませんが、しっかりした大きな玉ねぎがたくさんとれました。芋掘りならぬ玉ねぎ抜きは、土の中から根を抜く感触が思いの外楽しく、また家庭菜園の楽しみを一つ見つけました。